任意整理と特定調停

スキルが上がるFX > 健康 > 任意整理と特定調停

任意整理と特定調停

2014年8月 7日(木曜日) テーマ:健康

民事再生は住宅ローンなども含む多重債務の問題に陥っているひとをターゲットとして住んでいるマンションを維持しつつ金銭管理においてやり直すための法的機関を通した謝金の整理の処理方法として2000年11月に適用されるようになった法律です。

 

この法律には、破産手続きとは違って免責不許可となる要素がありませんので賭博などで借金ができたようなときでも民事再生は問題ありませんし自己破産をすると業務できなくなってしまう業種で仕事をしている場合等でも手続きは検討できます。

 

自己破産制度では、住んでいる家を手元に残すことは許されませんし、その他の債務処理では、借金の元金は戻していくことが必要ですので、住宅ローンなどを含めて支払うのは実際のところ簡単なことではないでしょう。

http://blog.livedoor.jp/gosen5fountain/

といっても、民事再生という方法を選ぶことができれば住宅のためのローン以外での負債は少なくない減額することも可能ですので余裕を持ちつつ住宅のローンを払い続けながらそのほかの債務を払い続けるようなこともできるということになります。

 

とはいえ、民事再生という選択肢は任意整理と特定調停などとは異なって一部の借り入れを除外して処理をすることは不可能ですし、破産手続きにおけるように元金そのものが帳消しになるということでもありません。

 

それに、これ以外の債務整理と比べるといくらか手間もかかりますので住宅ローンを組んでいてマンションを維持する必要があるような時を除き破産宣告等他の整理ができない場合だけの限定的な処理として考えていた方がいいでしょう。