FXのロジック

スキルが上がるFX > お金 > FXのロジック

FXのロジック

2014年8月 8日(金曜日) テーマ:お金

通常の初心者向けのFXのテキストでは、「損をしたケースではナンピン買いによって、全体の平均の価格を小さくする」等助言されているが実際はそれは目に見えない罠が隠れています。

 

最初に、ナンピンの方法に関して手短に述べます。

 

例として1ドル100円でドルを買ったとする。

 

ドル買いということで円安になれば利益が出るわけですが、思い通りに行かず95円まで円高・ドル安が進んだとします。

 

その状態でポジションを保持し続けたら、マイナスをなくすためには、損失分ドル高に動く必要があります。

 

投資家であれば、マイナスは早急に回復したいと願うだろう。

 

この状況を打破するためはじめに買ったのと同じ額のドルを、買います。

 

これで、ポジション全体の平均の買い付け単価は97円50銭まで引き下げることができます。

 

要するに、2円50銭の幅で円安が進行すれば損失を回復する事ができます。

 

この流れがナンピンの手法です。

 

このように、ナンピンの理屈を目にすると「まちがいない」という風に思うがマーケットはそう易々と問屋を卸しません。

 

元々、1ドル=95円が下限だとということなど、誰にも想像できません。

 

例として、相場が相当の円高動向だとしたら、1ドル95円では止まることなくさらに一層円高に進む確率は高いです。

 

仮に、97.50円でナンピンをした場合に1ドル95円まで円高になったらナンピン買いをしたポジションも為替差損が生じてしまいます。

 

そういう状態では最初に買ったドルとトータルで、倍の損失が生まれます。

 

この例のように、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

 

それなら、相場が自身の筋書きとは反対の方向に進んだ場合どのような手段でリスクを軽減すればいいのでしょうか。

 

そういう時には取れるFXの方法は2つだけあります。

 

ひとつは観念して損を確定する事です。

 

別の方法としてはその時に、自分か保持している買いポジションを少なくしてもう一度外国為替市場が元のようになるのを何もしないで待機する事です。

 

少し弱腰のやり方だとおっしゃる方もいます。

 

だけど、持っている買いポジションに為替差損が出た時最も適切な術はこれ以上のものは考えられません。

 

無論、ロジックのうえでは、ナンピン買いをするという考え方も効果的です。

しかしながらナンピン買いは自身がマイナスになっている場面にもかかわらず、ポジションを縮小するどころか反対にポジションを積んでいく手段です。

 

この考え方では、危険性を回避することなどとても不可能だ察するべきです。

 

ナンピンを続ける事ができればいつの日にか勝てるかもしれません。

 

だけど、それ以前に投資資金は不足してしまいます。

 



関連記事

FXのロジック

FXのロジック

2014年8月 8日(金曜日)

対象外にすること

対象外にすること

2014年8月 7日(木曜日)

軽自動車または普通車

軽自動車または普通車

2014年8月 5日(火曜日)